月4情報・メディアリテラシー(基礎)&Ⅰ 4405

 

前期 月曜日 4時限 4405
臨床心理学科1年 選択


今回の予定
第15回 まとめ、ふりかえりと課題

  • まとめ 最終課題 問題

授業済
第1回 ガイダンス 4/8
授業の流れ、本学のシステムについて

第2回 基本知識と文字入力 4/15
基本事項、文字の入力練習、設定(余白、文字数、行数)

  1. 電源の入れかた
  2. 授業の進め方など(本サイトへのアクセス、ブックマーク)
  3. Mailの仕方
    半角で入力
    ・outlookへ

    1. outlook.office.com
    2. 本学のサイト-右のメニュー(東京成徳大学 Official site)から
      在学生・キャンパスライフーメールサービス ログインと辿る
    3. スマホのアプリoutlook

    ・PCでの送受信
    ・スマホでの送受信

  4. キーボードの確認 – keyboard
  5. ホームポジション – Home Position
  6. 半角と全角のちがい
  7. 入力練習(あいうえお)
  8. 保存と提出

第3回 入力練習と文字の体裁1 – 4/22
文字の入力練習、配置(中央揃え、右揃え)、下線など

  1. キーボード入力練習(あ行~か行
  2. Office365
  3. タッチ・メソッド
    タイピング無料ゲームセンター
    e-typing
    iVoca – 一気に終わらせる基礎英単語3000(1)
  4. パソコン用語解説
    ・Word(ワード)基本講座:起動と終了・画面表示の共通メニュー
  5. 印刷のしかた
  6. Word上の設定 – 日本語ワープロ3・4級編
    1. ワンポイント-日本情報処理検定協会
    2. 事前準備 word2013)
    3. Word2013使用時の注意事項

第4回 文字の体裁2 4/29
文字の入力練習、設定、文字の配置

第5回 画像と表の作成、表の挿入、配置等 5/13

第6回 レイアウト タイトルから結語まで 5/20

第7回 文書の作成 5/27

第8回 その他の機能・補足 6/3
囲み線、網掛け、二重下線、波下線、図形の作成、レイアウト

第9回 図形・画像の挿入とレイアウト 6/10
発表原稿作成1 PowerPointでの文字入力

第10回 発表原稿作成1 PowerPointでの文字入力、画像の貼り付け 6/17

    • キーボード入力練習 (あ行~や行)
    • 各種検定試験解答方法 プレゼンテーション作成検定1・2級編
      1. 保存(p2)
      2. スライドサイズ‐標準(p3)
      3. スライド番号・背景の設定など(p5, 6)
      4. 塗りつぶし(p9)画像の挿入(ドラッグ、p10)
      5. 新しいスライドの挿入(左のサムネイルをクリック-Enter,p11)
      6. アニメーションの追加(P13)、1つ目の楕円をCtrlを押しながら、ドラッグ
      7. 表の挿入:挿入‐表‐2行5列(P16)
      8. 行/列の切り替え(p18)
      9. 罫線(けいせん)の外枠(p20)
      10. スライドマスター(p26)

第11回 発表原稿作成2

  • キーボード入力練習(あ行~ら行
  • おさらい プレゼンテーション作成検定1・2級編
  • 表示-スライドマスター(p26)☆
    スライドマスターースライドのサイズ
    ・ユーザー設定のスライドのサイズ-スライド開始番号を0ゼロ
    ・挿入‐画像‐1-1.gif
    ・右クリック-ハイパーリンク
    ・マスター表示を閉じる(P26)
  • 挿入-ワードアート<特殊文字>(P27)
  • 挿入-グラフ‐100%積み上げ縦棒(P28)☆
    ・Excel-データ-外部データの取り込み-テキストファイル-graph.csv(P29)
    ・PowerPoint-デザイン-データの選択(P30)
    ・行/列の切り替え

第12回 これまでのおさらい

  1. キーボード入力練習(あ行~わ行
  2. おさらい プレゼンテーション作成検定1・2級編
    2級の問題を作成、ただし、スライドのサイズと番号はスライドマスターを用いること

    1. 保存(p2)
    2. 表示-スライドマスター(p26)☆
      スライドマスターースライドのサイズ
      ・ユーザー設定のスライドのサイズ-スライド開始番号を0ゼロ
      ・挿入-スライド番号-スライド番号タイトルスライドを表示しないすべてに適用
      ・マスター表示を閉じる(P26)
    3. 背景の設定など(p5, 6)
    4. 塗りつぶし(p9)画像の挿入(ドラッグ、p10)
    5. 新しいスライドの挿入(左のサムネイルをクリック-Enter,p11)
    6. アニメーションの追加(P13)、1つ目の楕円をCtrlを押しながら、ドラッグ
    7. 表の挿入:挿入‐表‐2行5列(P16)
    8. 行/列の切り替え(p18)
    9. 罫線(けいせん)の外枠(p20)
    10. スライドショー時のショートカット-PowerPoint

第13回 グラフ1
アンケートの依頼
・Excelでグラフの作成と編集(集合縦棒)
Excelでは項目名やデータの入力の仕方で
グラフが変わってしまうため、違いを見ていきます。

  1. グラフ作成例1(棒グラフの作成)
  2. グラフ作成例2(番号を入力した場合)
  3. グラフ作成例3(氏名を入力した場合)
  4. グラフ作成例4(行/列の切り替え)
    最高(最大)、最低(最小)、平均、個数
  5. グラフへの項目追加と削除

第14回 Wordの補足


授業の目的

  • ディプロマ・ポリシー④「社会人基礎力を備えた職業人になるために必要な教養及び就業力を身につけていること」を達成するための授業である。
  • 本授業では情報機器(主にパーソナル・コンピュータ)に関する知識の獲得とその基本的操作方法の習得を目的とする。

到達目標

  • 情報の収集、レポートの作成、発表資料の作成のための情報機器に関する基本的知識を習得している。
  • 情報機器の基本的な操作方法を習得している。

授業の内容

  • パーソナル・コンピュータを用いた調査・収集の仕方、レポートの書き方、発表の仕方などについて解説する。主に、アプリケーションソフト(Word、PowerPoint、Excel等)の基本的利用方法に関する演習を行う。

授業時間外の学習(予習・復習等)

  • 予習:授業用URL https://tsu.hpymt.net にアクセスし、予め各回の授業の流れをつかみ、内容を確 認しておいてください。(学習時間:30分以上)
  • 復習:授業時に伝えた大事なところは、再度時間を作って、何回も繰り返し、身につけましょう。 (学習時間:30分以上)

留意事項・メッセージ

  • 習ったことを積み上げていく教科ですので,遅刻は厳禁,出席日数3分の2以上厳守のこと。
  • やむをえず遅刻・欠席の際は、その回の内容を自習し補完しておくこと。
  • 本学では、科目ごとのGP及び学期や学年の累計GPA2.00以上が望ましい達成のレベルとし、全学生に評価B以上の成績をめざすことを求めます。
  • 半期のGPAが1.00未満の場合は、『特別アドバイス』の対象となります。

成績評価方法・基準

  • 毎回の授業態度10%、提出物50%、及び課題40%。

教科書及びISBN番号

  • なし。基本的に授業用URL https://tsu.hpymt.net を参照しながらすすめます。

授業計画

keyword

  • タッチ・メソッド:ホームポジション、入力練習
  • 検索、情報モラル
  • メールの使い方
  • ビジネス文書の基本構成、レイアウト:文書デザイン検定
  • インデントとタブ、箇条書き、ヘッダーとフッターの設定、プレビューと印刷
  • 画像・図形を含む文書の作成
  • アウトライン、段組、スライドショー、リハーサル機能
  • プレゼン:アニメーション機能

第12回 グラフ1 Excelでの作成手順
第13回 グラフ2 作成上の注意点
第14回 問題2 文章、画像、表、グラフ
第15回 まとめと課題 ふりかえりと課題

これまでの授業

第15回 まとめ、ふりかえりと課題

  • まとめ 最終課題
  • 問題3級解答3級、図の貼り付け、表の作成、額縁の挿入
    • 写真(zip(圧縮)形式のファイルですので、
      右クリックしてすべて展開してから使います)


その他のTIPS


参考
Mail関連

辞書・辞典

Prezi関連

問題

その他

 Posted by at 3:24 PM